このページは病院が管理します。

Dr. ユ・チャンヒ

尿路結石症(米ドル) · 泌尿器がん · 前立腺癌

English
Русский
한국어

無料通話 - インターネットを使用して世界中の病院に無料で電話をかけます

平沢聖母病院

Gyeonggi-do, South Korea

66

医師

コンタクト

284 Pyeongtaek-ro Pyeongtaek Gyeonggi-do South Korea

紹介

Changhee Yoo博士の紹介:泌尿器科の卓越性をリードする 泌尿器科の分野で世界クラスのケアと専門知識をお探しですか?平澤聖母病院の著名な専門医であるChanghee Yoo博士以外に探す必要はありません。Yoo博士の並外れた資格と豊富な経験により、彼はすべての泌尿器科のニーズに理想的な選択肢となっています。 専門医療分野: Changhee Yoo博士は、泌尿器科の分野における真の著名人であり、以下に包括的に焦点を当てています。 腹腔鏡センター長:より迅速な回復のための低侵襲技術のパイオニア。 泌尿器腫瘍学:最先端の治療法で尿路がんとの闘いをリードしています。 小児泌尿器科:比類のない思いやりと専門知識で最年少の患者をケアします。 硬膜路結石:泌尿器の健康を改善するための結石管理の専門知識。 前立腺の健康:前立腺の懸念に対する最先端のソリューションを提供します。 女性の泌尿器疾患:女性特有の泌尿器科のニーズに合わせて治療を調整します。 尿失禁:専門的なケアで自信と生活の質を回復します。 学歴と経歴: ユ博士の卓越性への道のりには、驚くべき学歴が含まれています。 延世大学医学部医学士。 蔚山大学大学院医学研究科修士課程修了。 蔚山大学大学院医学研究科博士課程修了。 ソウル峨山病院でインターンシップ。 ソウルの峨山医療センターで泌尿器科研修。 翰林大学聖心病院助教授。 リーダーシップとレコグニション: Changhee Yoo医師は、第一線で活躍するだけでなく、泌尿器科界でも影響力のある人物です。彼の業績は次のとおりです。 現在、韓国小児泌尿器科学会の理事を務め、小児泌尿器科の発展に尽力しています。 現在、韓国前立腺学会の理事として、前立腺医療の未来を形作っている。 現在、韓国泌尿器科学会の外部協力委員会の書記を務め、コラボレーションとイノベーションを推進しています。 2014年韓国泌尿器腫瘍学会優秀発表賞を受賞。 2012年、韓国泌尿器科学会の臨床部門最優秀論文賞を受賞し、臨床診療における専門知識が評価されました。 2009年泌尿器腫瘍学会論文大賞を受賞。 Changhee Yoo医師は単なる泌尿器科医ではありません。彼はこの分野の先駆者であり、最高水準のケアを提供し、医療の進歩の最前線に立ち続けることに尽力しています。卓越性を選び、Dr. Yooを選び、最適な泌尿器科の健康への旅に出ましょう。